ホーム -> 電気工作 -> 実験用、治具用基板 -> 連結LED

連結8x8ドットLED
基板 回路図 パターン図 部品表
 PIC16F1936を使った8x8ドットLED表示用基板で、外部電源(DC5V)で動作します。
 8x8ドット表示回路は8x8のLEDとシリアル通信のデータと2つの押しボタンスイッチが、CPUにに接続されています。 CPUはシリアル通信の数字データから予め指定した桁のデータを使い、8x8ドットLEDに表示します。ダイナミック表示でROWをコモンの考えで表示をします
 このC言語のプログラムは リセット後の裏面2つLED点滅時にSETスイッチを押すと、指定場所、通信BPSの選択、デリミタの選択になり、 押していないとシリアル通信上のデータを表示します。 ディップスイッチの切り替えにより、アスキーコードの文字データと 1ドット毎のビットデータとして表示を行います。 その時のビットデータは最初が最上端左側4ビット、次が最上端右側4ビット、次が上から2番目左側4ビットの順で 最後が最下端右側4ビットのデータの最低16バイトになり、16進数表現の文字(’0’~’9’、’A’~’F’)でドットを指定します。 この基板は10枚まで左右方向に連結できますので最大横80x縦8ドットの表示が出来ます。[ビットデータ例 「8x8bitdata.txt」と その表示
 基板作成用ファイルは「Fusion PCB」に頼んだ時のガーバーファイルです。
 部品表は 基板部品の一覧表で、秋葉原等で購入出来る店名も入れてあります。
 制作に関するメモ

*この表示基板用のフォントを作る為の治具プログラムとして、
ビットマップファイル(.BMP)からフォント用C言語ソースファイルを作るプログラム
作ったフォントファイルを回転させるプログラムが有ります。

*この表示基板は 8x8ドットLED、コネクタ以外は表面実装ですので、
 半田付けには少し熟練が必要です。
 プログラムを書き込む時は、PICKIT3を連結用のピンヘッダに直接つなげ、
 PICKIT3から電源を供給する設定にして書き込みます。

*基板作成用ファイルは参考として見るに留め、
 このファイルを使って基板を作る事はしないでください。

ホーム          カメラと写真        2015年4月15日更新 Taishi