ホーム -> 電気工作 -> ケースに入れた自作機器

江戸 明六つ時計
外観 回路図 パターン図 取扱説明書

 PIC16F1847を使った江戸時代の時刻を表示する時計で、CR123A電池二本で動作します。
 回路は グラフィックLCD表示器、RTC、モータ駆動回路が有り、LCD表示、時刻計算などをCPUが行います。
 このC言語のプログラムは 電源をONすると 明六つ位置(基準点合わせ)を行ってから、現在の時刻(江戸時代の時刻表示)を回転する表示板で行います。
 動作に関しては取扱説明書を参照してください
 CPUはPIC 16F1847、RTCはPCF8563で共に表面実装品で 他の抵抗、コンデンサ、ダイオード、トランジスタも表面実装品を使います。
 LCD表示器は現在のグレゴリオ暦(西暦)の時刻表示を行い、設定にも使います。
 江戸時代の時刻に関しては 小説「大江戸神仙伝」などで書かれている不定時法の説明から 現在の時刻、日時(グレゴリオ暦)を元に計算をしています。
 電池は 通常の使い方で 約1年間使える予定です。
 プログラムに時刻の微調整機能を追加しました。(V2.00)

2016年6月23日
作成後1年の間を電池交換なしで無事動作し続けました。
時計精度としては約3分遅れです(平均月差15~20秒)。グレゴリオ暦を使い 1分1秒をうんぬんする現代としてはちょっと悪い感じですが、明六つ時計としては十分だと思います。
今後もこのまま連続運転を続けます。

2016年11月20日
作成後約1年と4か月で江戸時代の時刻表示がおかしくなりました。液晶表示(西暦)は動いているのでモーターを動かすパワーが無くなったようです。
電池を交換してまた連続運転を続けます。

 制作に関するメモ


ホーム          カメラと写真        2016年11月20日更新 Taishi