ホーム -> 電気工作 -> ケースに入れた自作機器

テレビ用リモコン
外観 回路図 パターン図 取扱説明書

 PIC12LF1822を使ったテレビ等の操作をするリモコンです。
 回路(circuit diagram)は 赤外LED、スイッチの制御をCPUが行います。 赤外線出力の39kHz変調(MSD)もCPUが行います。
 このC言語のプログラム(Source program)は、通常はスリープモードで  スイッチが押されるとそれぞれのスイッチに対応したシリアルデータ(NECフォーマット)を赤外LEDから送出します。
大きなスイッチ(電源ON/OFF)1個と 小さなスイッチ(音量±、チャンネル±)4個のスイッチが有りますので、 5種類のデータが送出されます。それにプラスして スイッチが押され続けた時出るデータが有りますので  計6種類のデータを送出します。
東芝TV用の詳しい動作、表示に関しては 取扱説明書(Instruction manual)を参照してください。

I・O DATAのリモコンとNECのシーリングライトのリモコンデータを出力する プログラム2(Source program2)を作成し、 新たなリモコンをもう一つ作りました。
詳しい取扱説明書は有りませんが、出力データとスイッチの関係以外は東芝TV用と同じ扱いになります。

I・O DATAのリモコンとNECのシーリングライトと東芝エアコンのリモコンデータを出力する プログラム3(Source program3)を作成し、 最初の東芝テレビ用のモコンに書き込みました。
詳しい取扱説明書は有りませんが、出力データとスイッチの関係以外は東芝テレビ用と同じ扱いになります。

 制作に関するメモ


ホーム          カメラと写真        2022年3月4日更新 Taishi